毛深い私の歴史

私は、生まれつき父に似てとても毛深い人間です。手や足の指にも濃い毛がしっかりと生えています。

自分が人より毛深いなと感じ始めたのは、小学校低学年のプールの授業で水着になった時です。体育座りをしている時、ふと隣にいた友達の腕や太ももに目がいきました。

私と比べるとムダ毛が全然ないのです。こんなにムダ毛が濃いのって私だけ?と不安になり、それからはたくさんの友達の腕や足のムダ毛を気にして見るようになっていました。

それは大人になった今でもくせになり、毛のまったくないつるつるの腕や足を見ると、とてもうらやましく思います。

この悩みを両親にすぐに相談しました。すると電気屋さんで電動のシェーバーを買ってもらいました。
家に帰ってきてすぐに使いましたが、私は毛の量も長さも濃さもあり、シェーバーで剃っても友達のようにつるつるにはならず、子供ながらに愕然とした覚えがあります。

きちんと剃っても毛の断面が皮膚の表面にしっかり見えるので、つるっとした肌にはなりませんでした。泣きながらまた両親に相談すると、あなたはお父さんに似たから仕方ないのよと一言。

自分が男だったらこんなに気にしなくて済んだのかな、と悲しくなってしまいました。

中学生になり、お年玉貯金をくずして脱毛できる電動の機械を購入しました。

しかし、私の肌は毛深いくせに皮膚も人より敏感で弱く、腕や足の毛を抜くと毛穴ひとつひとつが赤く腫れ、ぷくっと盛り上がってしまい、とても汚い肌に見えるのでした。

何度やっても肌は同じ状態になり、脱毛の機械を使うのはすぐにやめました。

除毛クリームや脱毛テープなど色々なメーカーの商品を試しましたが、どれも肌が荒れてしまうので、結局毎日お風呂で女性用の4枚刃のT字のカミソリで全身のムダ毛を剃っていました。

学生時代は、試験前などになるといつもお風呂で悲しい気持ちになりました。

きっとムダ毛を気にしないようなつるつるの肌の女の子はこんなにお風呂で必死にムダ毛なんか処理せずに試験勉強できているんだろうな、時間がもったいないな、と。

でもムダ毛の処理は必ずして学校に行きたいと思っていた私は、毎回葛藤していました。

大人になった今でも、毎日カミソリで処理をしています。

一時期高いお金を払って医療レーザー脱毛(こちらで・・脱毛明石)をした経験もありますが、その後の出産により女性ホルモンのバランスが崩れたため少しうすくなっていたムダ毛も元どおりになってしまい、当時はとてもショックでした。

今ではもう私の濃いムダ毛はどうにもならないのだと自覚し、諦めています。また医療レーザー脱毛に通えるようなお金はありません。

あまり気にしすぎないように気楽になることの方が私には大事なのかもしれないと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です